石塔 義 房

石塔 義房(いしどう よしふさ)は、南北朝時代の武将。 生涯 [ 編集 ] 建武 元年( 1334年 )に 駿河 ・ 伊豆 守護 足利尊氏 の 守護代 となり、建武3年/ 延元 元年( 1336年 )に駿河と伊豆の守護職に就任。 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 石塔義房の用語解説 - 南北朝時代の武将。足利氏の支族で頼茂の子。尊氏の挙兵に従い,陸奥鎮将として活躍したが,吉良貞家と交代させられたため尊氏から離反,尊氏と不和の直義に従った。のち新田氏に通じ南朝方となったが,尊氏の京都回復と . adobe pdf printer not showing. 石塔 義房(いしどう よしふさ)は、南北朝時代の武将。 生涯 [ 編集 ] 建武 元年( 1334年 )に 駿河 ・ 伊豆 守護 足利尊氏 の 守護代 となり、建武3年/ 延元 元年( 1336年 )に駿河と伊豆の守護職に就任。 石塔 頼房(いしどう よりふさ)は、南北朝時代の武将。 足利氏支流・石塔氏の第3代当主。 石塔義房の次子。兄・範家の死後に嫡子か。苗字は「石堂」とも表記される。 139.99 to usd. 石塔義房(いしどう・よしふさ) ?~? 石塔頼茂の子。足利泰氏の孫にあたる。宮内少輔。法号は義慶・秀慶。 石塔義房の子。父とともに足利尊氏の挙兵に応じて功をたて,貞和(じょうわ)5=正平(しょうへい)4年(1349)伊勢(いせ)(三重県)の守護となる。観応(かんのう)の擾乱(じょうらん)では足利直義(ただよし)にしたがう。 石塔氏は代々の通り名として特に官途名も知られていないという事は、鎌倉末期まで足利庶流として別個の新武士団を独立させるような状況になかった事を示している。 義房は駿河・伊豆両守護職から建武4年(1337年)に奥州総大将に任ぜられて活躍する。 石塔 義基(いしどう よしもと)は、南北朝時代の武将。 石塔義房の三男。. 生涯. 1335年、父や兄らと共に足利氏に従軍挙兵し、1337年に義房が奥州総大将として赴任した時も同道し、1346年まで父と共に奥羽に在国。 この時の官途名は左馬助。康永年間に父の職権を分有し、奥羽の検断権や軍事 . ウォッシュ ハウス 宮崎. 石塔氏は足利支族として足利尊氏の挙兵に応じ各地を転戦する。頼茂の子義房は奥州総大将に任ぜられ,軍事指揮官として活動するとともに,所領の安堵・充行(あておこない)や兵粮米徴収等の権限を行使して奥羽の武士層を組織化し,南朝方を圧倒した。 シャンプー 目 に 入っ た 充血. 2月 石塔義房 奥州総大将: 1345年: 7月 吉良貞家・畠山国氏 奥州管領として多賀国府に下向。 1351年: 2月 吉良貞家、畠山高国・国氏と岩切城で戦い、勝利す。 「観応の擾乱」による対立! 石塔義房 まったく、その通り。 新田義興 こりゃぁ、グズグズしてらんねぇや。今からすぐにここで準備して、直ちに、鎌倉攻めと行こうじゃぁねぇの。 石塔義房 OK! 三浦高通 じゃ、さっそく準備に・・・。

もっと詳しく知る »

奥州斯波氏 - araebisu.la.coocan.jp

2月 石塔義房 奥州総大将: 1345年: 7月 吉良貞家・畠山国氏 奥州管領として多賀国府に下向。 1351年: 2月 吉良貞家、畠山高国・国氏と岩切城で戦い、勝利す。 「観応の擾乱」による対立! 生涯. 元応3年/元亨元年(1321年)、石塔義房の次子として誕生。. 父と共に足利尊氏に仕え、各地を転戦して武功を挙げた。 1335年に中務大輔。 1349年まで播磨国這田荘の地頭職を得る。 貞和5年/正平4年(1349年)に伊勢・志摩の守護職を与えられた。 しかし、父・義房が陸奥における支配権を ...

詳細を見る »

石塔義基 - Wikipedia

石塔 義基(いしどう よしもと)は、南北朝時代の武将。 石塔義房の三男。. 生涯. 1335年、父や兄らと共に足利氏に従軍挙兵し、1337年に義房が奥州総大将として赴任した時も同道し、1346年まで父と共に奥羽に在国。 この時の官途名は左馬助。康永年間に父の職権を分有し、奥羽の検断権や軍事 ... 關鍵時刻精選│全台掀口罩亂象!全球反中潮中共暗藏權鬥?-劉寶傑 黃世聰 李奇嶽 王瑞德 李龍騰 蘇一峰 康仁俊 吳子嘉 黃文華 姚惠珍 洪素卿 張 ... 三具兒童屍體裝入一個屍袋,房間用酒精消毒後爆炸!方斌被抓!當局突指控石正麗修改病毒,川普出手調查病毒來源,權威專家的疑惑,崔永元的 ...

詳細を見る »

石塔氏とは - goo Wikipedia (ウィキペディア)

石塔氏は代々の通り名として特に官途名も知られていないという事は、鎌倉末期まで足利庶流として別個の新武士団を独立させるような状況になかった事を示している。 義房は駿河・伊豆両守護職から建武4年(1337年)に奥州総大将に任ぜられて活躍する。 「総大将石塔義房」の用例・例文集 - そこに先の奥州総大将石塔義房の子義憲が奥州管領を自称し、活動を開始した。 建武4年/延元2年には、奥州総大将石塔義房により弟に替わり高季が奉行となった。 続く吉良満家が奥州管領に任命され、畠山国氏の子国詮や奥州総大将石塔義房の子義憲と ...

詳細を見る »

武家家伝_最上氏 - harimaya.com

家兼が入部した奥州の地は、北畠顕家を頂点とする南朝方の勢力が強く、尊氏は南朝勢力の制圧のため石塔義房を奥州総大将に任命して陸奥国府に派遣した。延元二年(1337)上洛の軍を起こした顕家が和泉国石津で戦死、そのあとは弟の顕信が南朝勢の中心 ... 石塔義房 あのカンジじゃ、きっと今頃、将軍に言っちまってるぞ、すぐにも、討手を差し向けられる! 三浦高通 どうする?! 石塔義房 どうするもこうするもねぇ、仲間どうし部下を集め、すぐに、ここを脱出だ! 関戸から武蔵野へ回り、新田の連中らと ...

詳細を見る »

石塔義房 - ユニオンペディア

石塔義房と南部為重 · 続きを見る ». 南部政行 (12代当主) 南部 政行(なんぶ まさゆき)は、南北朝時代の武将。三戸南部氏第12代当主。第11代当主・南部信長の子。信長の養嗣子となったとする説もある。. 新しい!!: 石塔義房と南部政行 (12代当主) · 続き ... Wikipedia記事検索 11件. 石塔義基 石塔 義基(いしどう よしもと)は、南北朝時代の武将。石塔義房の三男。 石塔寺 石塔寺(いしどうじ)は、滋賀県東近江市にある天台宗の寺院である。

詳細を見る »

石塔頼房 - Wikipedia

石塔 頼房(いしどう よりふさ)は、南北朝時代の武将。 足利氏支流・石塔氏の第3代当主。 石塔義房の次子。兄・範家の死後に嫡子か。苗字は「石堂」とも表記される。 父の後を継いだが、子の頼長に嗣子がなく、義房の甥で頼長の従弟の頼実(義頼の子)が矢田氏の家督を相続した。 山名義房 : 山名繁国の子、朝家・国長の弟、繁村・義行の兄。 石塔義房 : 石堂義房とも。 石塔 頼房(いしどう よりふさ)は、南北朝時代の武将。 足利氏支流・石塔氏の第3代当主。 石塔義房の次子。兄・範家の死後に嫡子か。苗字は「石堂」とも表記される。

詳細を見る »

石塔義房 - 石塔義房の概要 - Weblio辞書

石塔義房 石塔義房の概要 Jump to navigationJump to search 凡例石塔義房時代鎌倉時代末期 - 南北朝時代前期生誕不詳死没不詳改名義房→秀慶(法名)別名少輔四郎、入道義慶幕府室町幕府 奥... 石塔義房(いしどう よしふさ)。 石塔義房の生年月日、年齢、出身地、名前の読み方などに誤りがある場合や、石塔義房の情報が不足していて追加したい場合はこちらから修正する事が出来ます。 ご協力お願いします。

詳細を見る »

南北朝についての日記?:歴博の期間限定展示 石塔義房挙状

先日までは足利尊氏御判御教書だった、国立歴史民俗博物館の期間限定展示古文書、今度は石塔義房の軍忠挙状です。南北朝立て続けですね期間限定の展示資料 国立歴史民俗博物館 総合展示室および企画展示室で特別展示される主な資料です。貴重な原品は長期間の展示に耐えられないため ... 直義は、上杉憲顕・石塔義房・石塔頼房らの軍勢とともに西進。 例文帳に追加. Tadayoshi advanced westward with troops of Noriaki UESUGI, Yoshifusa ISHIDO and Yorifusa ISHIDO. - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

詳細を見る »

石塔義房(いしどうよしふさ)とは - コトバンク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 石塔義房の用語解説 - 南北朝時代の武将。足利氏の支族で頼茂の子。尊氏の挙兵に従い,陸奥鎮将として活躍したが,吉良貞家と交代させられたため尊氏から離反,尊氏と不和の直義に従った。のち新田氏に通じ南朝方となったが,尊氏の京都回復と ... 石塔義基. 石塔 義基(いしどう よしもと)は、南北朝時代の武将。石塔義房の三男。 石塔寺. 石塔寺(いしどうじ)は、滋賀県東近江市にある天台宗の寺院である。 石塔頼茂 石塔頼茂の概要 足利氏4代当主・足利泰氏の子とされるが、一説には足利義氏の子であり、泰氏の兄・宰相阿闍梨相義の子で、叔父・泰氏の養子となったとされる。長じて四郎頼茂と称し石塔氏の祖となった。子に足利直義の強力な与党と...

詳細を見る »

NHKオンライン

nhkの公式ホームページ。ニュース・気象災害情報・番組紹介をはじめ、イベント案内・受信契約の受付・経営などnhkに関するさまざまな情報をお ... カテゴリ「南北朝時代の武将」にあるページ. このカテゴリには 544 ページが含まれており、そのうち以下の 200 ページを表示しています。

詳細を見る »

石塔義房 - BIGLOBE

石塔義房(いしどう・よしふさ) ?~? 石塔頼茂の子。足利泰氏の孫にあたる。宮内少輔。法号は義慶・秀慶。 石塔 義房(いしどう よしふさ)は、南北朝時代の武将。 生涯 [ 編集 ] 建武 元年( 1334年 )に 駿河 ・ 伊豆 守護 足利尊氏 の 守護代 となり、建武3年/ 延元 元年( 1336年 )に駿河と伊豆の守護職に就任。 29 関係: 大崎氏、室町時代の人物一覧、上野義弁、一色公深、一色氏、二本松氏、伊東祐安 (室町時代)、御一家、石塔義基、石塔義房、石塔直房、石塔頼茂、石塔頼房、相馬親胤、足利家氏、足利直義、足利氏、足利泰氏、葛西貞清、陸奥将軍府、東北地方、楠木正成、河内源氏、清和源氏 ...

詳細を見る »

石塔義房 - Wikipedia

石塔 義房(いしどう よしふさ)は、南北朝時代の武将。 生涯 [ 編集 ] 建武 元年( 1334年 )に 駿河 ・ 伊豆 守護 足利尊氏 の 守護代 となり、建武3年/ 延元 元年( 1336年 )に駿河と伊豆の守護職に就任。 石塔 頼房(いしどう よりふさ)は、南北朝時代の武将。 足利氏支流・石塔氏の第3代当主。 石塔義房の次子。兄・範家の死後に嫡子か。苗字は「石堂」とも表記される。 石塔氏 参考文献 遠藤巌「石塔氏」今谷明・藤枝文忠編『室町幕府守護職家事典 上下巻』(新人物往来社、1988年)[前の解説]「石塔氏」の続きの解説一覧1 石塔氏とは2 石塔氏の概要3&nbs...

詳細を見る »

石塔義房とは - goo Wikipedia (ウィキペディア)

石塔 義房(いしどう よしふさ)は、南北朝時代の武将。 生涯 [ 編集 ] 建武 元年( 1334年 )に 駿河 ・ 伊豆 守護 足利尊氏 の 守護代 となり、建武3年/ 延元 元年( 1336年 )に駿河と伊豆の守護職に就任。 Wikipedia記事検索 11件. 石塔義基 石塔 義基(いしどう よしもと)は、南北朝時代の武将。石塔義房の三男。 石塔寺 石塔寺(いしどうじ)は、滋賀県東近江市にある天台宗の寺院である。 源 義房(みなもと の よしふさ)とは、陽成源氏(河内源氏)流の人物・武将。約数名ほど存在する。 源義房 (源義直の子) : 義忠流の源義直の子。, 源維家 : 別名は義房。源行家(新宮十郎義盛)の子、光家(家光)・行頼の弟、行寛(西乗)の兄、為貞の父。父とともに従兄の源頼朝と ...

詳細を見る »

太平記 現代語訳 31-3 新田義興と脇屋義治、石塔義房らと連合して鎌倉を攻略す: 流れる水

石塔義房 まったく、その通り。 新田義興 こりゃぁ、グズグズしてらんねぇや。今からすぐにここで準備して、直ちに、鎌倉攻めと行こうじゃぁねぇの。 石塔義房 OK! 三浦高通 じゃ、さっそく準備に・・・。 名字の由来. 石塔氏は、石堂氏とも書かれ、日本各地に見られる石塔・石堂の石造遺物に由来すると考えられる。 氏祖の頼茂も、おそらく石造遺物に由来する地を拝領し名字としたと思われるが、それが何処かはいまだに判然としない。. 事績. 足利泰氏の4男「宰相 阿闍梨・薬師寺 別当」相義 ...

詳細を見る »

石塔の検索結果 - 類語辞書 - goo辞書

Wikipedia記事検索 11件. 石塔義基 石塔 義基(いしどう よしもと)は、南北朝時代の武将。石塔義房の三男。 石塔寺 石塔寺(いしどうじ)は、滋賀県東近江市にある天台宗の寺院である。 Search the world's information, including webpages, images, videos and more. Google has many special features to help you find exactly what you're looking for.

詳細を見る »

石塔義房 - まいり

石塔義房さんをご存じですか?追悼の言葉をお寄せください。 「石塔義房(いしどうよしふさ)」[人名]の書き順・総画数・読み方など。石を含む熟語や同じ読みをもつ熟語や逆さ読みバージョン・カナ・ローマ字表記などを掲載

詳細を見る »

石塔氏 - Wikipedia

石塔氏は代々の通り名として特に官途名も知られていないという事は、鎌倉末期まで足利庶流として別個の新武士団を独立させるような状況になかった事を示している。 義房は駿河・伊豆両守護職から建武4年(1337年)に奥州総大将に任ぜられて活躍する。 「石塔義房(いしどうよしふさ)」[人名]の書き順・総画数・読み方など。塔を含む熟語や同じ読みをもつ熟語や逆さ読みバージョン・カナ・ローマ字表記などを掲載 關鍵時刻精選│全台掀口罩亂象!全球反中潮中共暗藏權鬥?-劉寶傑 黃世聰 李奇嶽 王瑞德 李龍騰 蘇一峰 康仁俊 吳子嘉 黃文華 姚惠珍 洪素卿 張 ...

詳細を見る »

石塔頼房(いしどう よりふさ)とは - コトバンク

石塔義房の子。父とともに足利尊氏の挙兵に応じて功をたて,貞和(じょうわ)5=正平(しょうへい)4年(1349)伊勢(いせ)(三重県)の守護となる。観応(かんのう)の擾乱(じょうらん)では足利直義(ただよし)にしたがう。 High quality images of 石塔義房. See in original large size! Easy to see and comfortable to search more images. カテゴリ「石塔氏」にあるページ. このカテゴリには 7 ページが含まれており、そのうち以下の 7 ページを表示しています。

詳細を見る »

武家家伝_信夫佐藤氏 - www2.harimaya.com

このことは、暦応二年(1339)三月、石塔義房より軍勢催促状を受けた性妙が、本吉庄に子息・一族・若党らを率いて従軍し、軍功をたてたことに対しての軍忠状。同四年一月、陸奥国府にあった陸奥北党の大将石塔義房が岩切城の留守警固を佐藤性妙に命じ ... Wikipedia記事検索 11件. 石塔義基 石塔 義基(いしどう よしもと)は、南北朝時代の武将。石塔義房の三男。 石塔寺 石塔寺(いしどうじ)は、滋賀県東近江市にある天台宗の寺院である。

詳細を見る »

石塔氏(いしどううじ)とは - コトバンク

石塔氏は足利支族として足利尊氏の挙兵に応じ各地を転戦する。頼茂の子義房は奥州総大将に任ぜられ,軍事指揮官として活動するとともに,所領の安堵・充行(あておこない)や兵粮米徴収等の権限を行使して奥羽の武士層を組織化し,南朝方を圧倒した。 Comprehensive up-to-date news coverage, aggregated from sources all over the world by Google News. Weblio 辞書 > 英和辞典・和英辞典 > "義房"の意味・解説 > "義房"に関連した英語例文 例文検索の条件設定 「カテゴリ」「情報源」を複数指定しての検索が可能になりました。

詳細を見る »