光 通信 半導体

光通信デバイス. グローバル情報ネットワークを構築するためのキーデバイスとして、高度なr&d活動と設計・開発・品質管理により光ファイバ通信に関連した多種多様な製品を取り揃えています。 otdr用fp/dfb-ld. 光通信用1310/1490/1550 nm dfb-ld. cwdm用dfb-ld. 光通 . 光通信には主に2種類の半導体レーザーが使われています。DFBレーザーとFPレーザーです。 DFBレーザー 1波長の光しかでないレーザーです。通信時に光信号の波長がずれることがないので、高速・遠距離通信が可能です . 半導体・デバイス. 光通信用デバイス. 概要. インターネットの急激な増大に伴い、幹線系光ファイバ通信システムの整備に続き、メトロ系やアクセス系、さらに企業内に設けるlanにも光ファイバ通信の導入が進められています。 また、一般家庭にも光ファイバが引かれ、ftth 日常生活のあらゆるシーンで活躍する「光半導体デバイス」。このページでは、「光」で情報を伝えるそのしくみや、光半導体ができるまで、そしてお客様と社会のニーズに応える京都セミコンダクターの半導体をご紹介します。 高速な光伝送技術が欠かせないデータセンター. データセンター市場は近年飛躍的な成長を遂げています。特に、データネットワークでは増加する帯域幅に伴い、データセンターなどの機器間を繋ぐ光トランシーバモジュール(以下光トランシーバ)の高速化が進んでいます。 光データリンク・光デバイス・電子デバイス 大容量・高速光通信をサポートする光データリンクや、光通信システムを支える発光・受光デバイス、無線システムの包括的なソリューションを実現するデバイス等をご紹介しています。 化合物半導体 (基板) ガラスGI型光ケーブルと半導体レーザーを用いて10Gbpsで500mの通信が可能で比較的高価なもの。 ノイズの多い工場などでの伝送用:光モデムとガラスGI型光ケーブルと半導体レーザーを利用した10Mbpsで1〜2kmの通信が可能なもの。 半導体光増幅器は通常 GaAs/AlGaAs、InP/ InGaAs (英語版) 、InP/InGaAsP、InP/InAlGaAs のようなIII-V属半導体やII-VI属半導体のような直接禁制帯半導体で作られる。これらの増幅器は光通信システムで用いられ波長が0.85 µm から1.6 µm で利得が最大30dBである。 半導体レーザ(LD:Laser Diode)とは、半導体に電流を流してレーザ発振させる素子です。発光の仕組みは発光ダイオード(LED)と同じで、p-n接合の順方向に電流を流すことによって起こります。半導体レーザの発光波長は、基本的には活性層にする半導体のバンドギャップエネルギーで決まります。 フォトディテクタ(光検出器)とは光を電気に変換する計測用デバイスで、光電効果を利用した光電子増倍管(フォトマル)や光照射による電気抵抗変化を利用したCdS、PbSなどの光電導素子も含まれますが、代表的なのは半導体のpn接合を利用した光起電力型のフォトダイオード(PD : Photo Diode . 当社の光半導体は、フォトカプラー、ソリッドステートリレー(ssr)、光伝送モジュールをラインアップしています。フォトカプラーは、機器の安全性向上、低消費電力化、小型・薄型化に大きく貢献しています。 ufo 地球 襲来 の 真実.

もっと詳しく知る »

光半導体 | ルネサス エレクトロニクス

光通信デバイス. グローバル情報ネットワークを構築するためのキーデバイスとして、高度なr&d活動と設計・開発・品質管理により光ファイバ通信に関連した多種多様な製品を取り揃えています。 otdr用fp/dfb-ld. 光通信用1310/1490/1550 nm dfb-ld. cwdm用dfb-ld. 光通 ... 光通信モジュールの半導体レーザーダイオードやフォトダイオードを実装するセラミック基板です。セラミック材料には、窒化アルミニウム(AlN)と酸化アルミニウム(アルミナ, Al 2 O 3 )があります。 セラミック・サブマウントに、レーザーダイオードないしフォトダイオードを実装する為の ... 光通信工学309-12 . エネルギーバンド:多数キャリア・少数キャリア 価電子帯 伝導帯 真性半導体 n型半導体 p型半導体 真性半導体 • 絶対零度で真性半導体は絶縁体 真性、n、p半導体:熱励起 • 価電子帯と伝導帯のエネルギー差が比較的小さいため熱励起可能 キャリア • 真性半導体:電子 ...

詳細を見る »

光技術で次世代半導体…NTTとソニー、インテル連携へ : 経済 : ニュース : 読売新聞オンライン

半導体は現在、スマートフォンなどの通信機器やサーバーに不可欠な重要部品となっている。NTTは、半導体を電気信号ではなく、より速い光信号 ... 光半導体デバイス. InPなどの化合物半導体を用いた高性能な半導体レーザや高速波長可変光源、小型光変調器などの光半導体集積デバイスです。高い発光効率をもつ化合物半導体の特性を生かし、低消費電力で高速な光信号を生成できるデバイスを結晶成長 ...

詳細を見る »

フォトダイオード(PD)の構造や原理とは | ファイバーラボ株式会社

フォトディテクタ(光検出器)とは光を電気に変換する計測用デバイスで、光電効果を利用した光電子増倍管(フォトマル)や光照射による電気抵抗変化を利用したCdS、PbSなどの光電導素子も含まれますが、代表的なのは半導体のpn接合を利用した光起電力型のフォトダイオード(PD : Photo Diode ... 光デバイス・レーザ技術総合展 InterOpto2020 に出展(ブース番号:西2ホール 2W-M19) 2020年1月29日(水)~31日(金) 東京ビッグサイト(東京) 【光通信&光センシング】 光とレーザーの科学技術フェア2019(赤外線フェア) に出展(ブース番号:G-23) jeita電子情報技術産業協会のホームページ。

詳細を見る »

光通信 - Wikipedia

ガラスGI型光ケーブルと半導体レーザーを用いて10Gbpsで500mの通信が可能で比較的高価なもの。 ノイズの多い工場などでの伝送用:光モデムとガラスGI型光ケーブルと半導体レーザーを利用した10Mbpsで1〜2kmの通信が可能なもの。 プロジェクター、カメラ、光ディスク、医療機器、計測機器、光通信、半導体機器 照明設計解析ソフトウェア「LightTools」 LED ディスプレイ、照明、医療機器、計測機器、カメラ、半導体機器 自動車用照明設計ソフトウェア「LucidShape」 ヘッドランプ、車内照明 ところが、現在実用化されている光通信方式は、必ずしも前記の利点を生かしきったものではない。 つまり、情報の送り手側は、情報をレーザ(半導体レーザ)から出る光の強度変化( を時間とともに変化させる)の形にして光ファイバーに送り込む。 すると受け手側では、その強度変化を光 ...

詳細を見る »

光半導体デバイスとは何? | 京都セミコンダクター早分かり | 株式会社 京都セミコンダクター

日常生活のあらゆるシーンで活躍する「光半導体デバイス」。このページでは、「光」で情報を伝えるそのしくみや、光半導体ができるまで、そしてお客様と社会のニーズに応える京都セミコンダクターの半導体をご紹介します。 nttは10月31日、次世代の高速光通信システムの実現を目指し、ソニーと米半導体大手のインテルとともに国際的な連携組織を立ち上げると発表した。 半導体レ一ザーについて,構 造,波 長可変機構, および動作特性をまとめる、さらに,波 長可変半 導体レーザーのコヒーレント光通信,お よび光交 換への応用例を述べる.最 後に,波 長可変レーザ ーを組み込んだ光集積素子についても紹介する. 2.半 導体の屈折 ...

詳細を見る »

光通信市場向けシリコンフォトニクス半導体の製造受託開始について|住友商事株式会社のプレスリリース

住友商事株式会社のプレスリリース(2019年4月22日 13時50分)光通信市場向けシリコンフォトニクス半導体の製造受託開始に ... 2025年,通信用半導体レーザー世界市場は2,814億円 ; 2025年,通信用半導体レーザー世界市場は2,814億円. 2016年07月06日 カテゴリ:ニュース,ビジネス・マーケット,光関連技術. 富士キメラ総研は,レーザー光源・発振器と,通信,材料加工分野から医療・美容,計測・分析・センシング,自動車分野 ...

詳細を見る »

半導体・デバイス|製品情報|住友電気工業株式会社

光データリンク・光デバイス・電子デバイス 大容量・高速光通信をサポートする光データリンクや、光通信システムを支える発光・受光デバイス、無線システムの包括的なソリューションを実現するデバイス等をご紹介しています。 化合物半導体 (基板) 光半導体は電気を光に、光を電気に変換してくれます。トランジスタやダイオードなどの半導体は装置の内部で動作しているのであまり身近に感じませんが光半導体は私達の身の回りにあって生活を便利にしてくれています。 [レーザダイオード,半導体レーザー,レーザダイオード,LD, Laser Diode]の主な製品・メーカを一覧で紹介。製品の開発、設計、生産技術のエンジニアが、部品・製品の選定に利用している日本最大のポータルサイト「インデックスプロ」

詳細を見る »

光半導体 | 東芝デバイス&ストレージ株式会社 | 日本

当社の光半導体は、フォトカプラー、ソリッドステートリレー(ssr)、光伝送モジュールをラインアップしています。フォトカプラーは、機器の安全性向上、低消費電力化、小型・薄型化に大きく貢献しています。 通信用光半導体デバイス技術 三井康郎* ネットバブルの後遺症は光半導体デバイス市場をも巻き 込んで未だ癒(い)えることはないが,その一方で,アクセ ス系ではFTTH(Fiber to the Home)が現実のものとして

詳細を見る »

NTTが光半導体の開発で外部連携!充電1回で1年持つスマホ? | 幸せな人生

日本経済新聞が2019年11月14日の朝刊で「nttの光半導体の開発」について報じています。この省電力の光半導体が実現すれば、充電1回で1年持つスマホの実現も視野に入るとのことです。何だかすごそうな感じはするのですが、新聞記事だけではよくわからなかったので、さらに詳しく調べてみ ... 大容量長距離光ファイバー通信用 半導体レーザーの先導的研究 概 要 現在の情報化社会を支えているのが光ファイバーによる光通信ネットワークです。東京工業大学栄誉教授の末松安晴

詳細を見る »

光増幅器 - Wikipedia

半導体光増幅器は通常 GaAs/AlGaAs、InP/ InGaAs (英語版) 、InP/InGaAsP、InP/InAlGaAs のようなIII-V属半導体やII-VI属半導体のような直接禁制帯半導体で作られる。これらの増幅器は光通信システムで用いられ波長が0.85 µm から1.6 µm で利得が最大30dBである。 電気通信は低速・短距離の伝送、光通信は高速・長距離の伝送を担う。両者の境界線は伝統的に、「100Gbps×1m」といわれている。伝送距離が長く ... 今日のキーワード アカデミー賞. 世界的に知られるアメリカ合衆国の映画賞。1927年設立のアメリカ映画芸術科学アカデミー the Academy of Motion Picture Arts and Sciencesによって,毎年,前...

詳細を見る »

光トランシーバとは? - 半導体事業 - マクニカ

高速な光伝送技術が欠かせないデータセンター. データセンター市場は近年飛躍的な成長を遂げています。特に、データネットワークでは増加する帯域幅に伴い、データセンターなどの機器間を繋ぐ光トランシーバモジュール(以下光トランシーバ)の高速化が進んでいます。 (光通信モジュールの小型化と高機能光集積回路の実現に期待) JST(理事長 沖村憲樹)は、光通信の安定動作に必須の素子である光アイソレータと光ファイバ通信用半導体レーザを同一半導体チップ上に一体集積化することに、世界で初めて成功しました。 光アイソレータ 注1 Triple A+による半導体・デバイスの技術動向のレポート「Technology Now」。第2回目「三菱電機高周波・光デバイスの技術・製品動向」5ページ目を掲載しています。

詳細を見る »

光通信用の半導体レーザー技術 : 富士通研究所

光通信には主に2種類の半導体レーザーが使われています。DFBレーザーとFPレーザーです。 DFBレーザー 1波長の光しかでないレーザーです。通信時に光信号の波長がずれることがないので、高速・遠距離通信が可能です ... 光ネットワーク中の、光信号の、光源、増幅、分岐等のために、光半導体を搭載する光デバイス、あるいは、スプリッタ等の受動部品が用いられます。光通信の発展に伴い、光部品・光デバイスに要求される機能も、高度・多様化しています。 光ファイバーは光の伝送損失が非常に小さい(< 0.2 dB/km@1550 nm、0.2dB/km@1625 nm)。しかし、光を数10kmなど非常に長い距離を伝搬させる場合は、光信号増幅器によって光信号を増幅させなければならない。 光増幅器には、光ファイバー増幅器と半導体光増幅器(SOA : Semiconductor Optical

詳細を見る »

電気通信と光通信の境界 (1/3) - EE Times Japan

光ファイバー伝送がデータセンターの超高速通信を担う 半導体デバイス技術に関する国際会議「IEDM」では、カンファレンスの前々日に ... 日本電信電話株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:澤田純、以下 ntt)は、独自に開発した半導体ナノ構造形成方法を用いて髪の毛の1/100程度の太さの高品質なナノワイヤ※1レーザ構造を作製し、ナノワイヤではこれまで実現されていなかった光通信波長帯での室温レーザ発振に ...

詳細を見る »

三菱電機 半導体・デバイス : 製品情報 | 光デバイス[光通信用デバイス]

半導体・デバイス. 光通信用デバイス. 概要. インターネットの急激な増大に伴い、幹線系光ファイバ通信システムの整備に続き、メトロ系やアクセス系、さらに企業内に設けるlanにも光ファイバ通信の導入が進められています。 また、一般家庭にも光ファイバが引かれ、ftth 新エネルギー・産業技術総合開発機構(nedo)、大阪大学、島津製作所は、3原色の可視光半導体レーザーを用いた光源モジュールの開発成果を発表。 新日本無線は、民生機器や産機機器において数多く使われている汎用リニアic(シリコン半導体)を主力製品として、長年にわたり生産及び販売しています。

詳細を見る »

光ファイバ通信のしくみと光スペクトル測定 | 横河計測株式会社

光ファイバ通信用の光スペアナでは、InGaAsフォトダイオードが使用されていますが、モノクロメータ内部での測定感度が波長により変化してしまうと、各波長ごとの正しい光パワーが測定できません。この問題を解決するため、実際の光スペアナでは ... セラミックパッケージ・基板. 豊富な材料技術、多彩な加工技術、機能を引き出す設計技術を核に、スマートフォンなどに使われる小型部品、光通信部品、車載ヘッドライト用LEDなど、幅広い用途に向け、高い信頼性を持つセラミックパッケージ・基板を提供しています。

詳細を見る »

高速通信 - 56社の製品とランキング - indexPro

[高速通信,光通信モジュール]の主な製品・メーカを一覧で紹介。製品の開発、設計、生産技術のエンジニアが、部品・製品の選定に利用している日本最大のポータルサイト「インデックスプロ」 通信用微小レーザ光源の光回路集積に道 nttは2月23日、独自に開発した半導体ナノ構造形成方法を用いて髪の毛の1/100程度の太さの高品質なナノワイヤレーザ構造を作製し、ナノワイヤではこれまで実現されていなかった光通信波長帯での室温レーザ発振に成功したと発表した。

詳細を見る »

半導体・光通信・光インターコネクションの先端フォトニクス株式会社(APi)

行われてきました、半導体・光通信・光インターコネクションの研究が基礎となって誕生いたしました。 APi はグローバルな市場での活動を見据え、世界標準となる高い競合優位性を持った製品を創出します。 44.半導体レーザの応用(光通信) 半導体レーザの重要な応用先は光通信の分野です。光通信とは光ファイバを使った通信と言い換えてもよいでしょう。広い意味では光ファイバを使わない光通信もあります。船と船の間で光をチカチカさせて情報を交換 ...

詳細を見る »

100Gbps光通信向け半導体 光増幅器集積InP位相変調器

InP半導体を用い,光増幅器をモノリシック集積したマッハツェンダー型位相変調器を開発し,良好な変調信号 波形と高光出力を実現した。これによって,増大するデータ通信量に対応する光通信ネットワークシステムの構築に貢献できる。 NTTは31日、次世代の高速光通信システムの実現を目指し、ソニーと米半導体大手のインテルとともに国際的な連携組織を立ち上げると発表した ...

詳細を見る »

光データリンク・光デバイス・電子デバイス|製品情報|住友電気工業株式会社

光通信システムを支える発光・受光デバイス. 光データリンク製品に使用される半導体レーザ、フォトダイオードをはじめ、基幹システムの光コヒーレント通信装置を実現する波長可変レーザや光レシーバなど各種発光・受光デバイス製品群で光通信システムの土台を支えます。 図1:可視光とは人の目で見える波長の電磁波のことで、太陽やさまざまな照明から発せられる。赤外線の中でも赤色の可視光線に近い波長の「近赤外線」は、可視光線に近い特性を持ち、「見えない光」として赤外線カメラや赤外線通信、家電用のリモコンなどに応用されている。

詳細を見る »

半導体レーザ(レーザーダイオード)の仕組みとは | ファイバーラボ株式会社

半導体レーザ(LD:Laser Diode)とは、半導体に電流を流してレーザ発振させる素子です。発光の仕組みは発光ダイオード(LED)と同じで、p-n接合の順方向に電流を流すことによって起こります。半導体レーザの発光波長は、基本的には活性層にする半導体のバンドギャップエネルギーで決まります。 NTTは光信号で情報を処理し、消費電力が従来の100分の1に抑えられる光半導体の開発で、米マイクロソフトなど国内外の65社と連携する。2030年まで ... 利得飽和や四光波混合が生じ難い帯域の広い半導体光増幅器の提供。 - 半導体光増幅器モジュールおよび光通信システム - 特開2001−85800 - 特許情報

詳細を見る »