津波 工学 研究 室

津波工学研究室では、工学的な立場から津波を研究する世界で唯一の研究機関です。災害対策・制御の理念を基盤として、 国内外の現地調査研究、高精度津波数値予測システムの開発、地域の津波災害対策支援を主とした研究を行っています。 Official site of DCRC(Tsunami Engineering Laboratory) of Graduate School of Engineering,TOHOKU University. 厳選 牛 と アンデス 高原 豚 食べ 放題 コース. - 津波工学研究室について - お知らせ - 津波発生イベント - 研究室メンバー - 研究プロジェクト - 津波数値解析 - 津波災害現地調査 - ミレニアム津波ハザード - 津波痕跡データベース - 津波デジタルライブラリ - 出版物 (津波工学研究報告) - 講義情報 . 東北大学大学院工学研究科・災害制御研究センターより,2011年東北太平洋沖地震津波による建物被害地図が作成・公開されました.詳しくは こちら. 20 May 2011 Willis Research Networkと東北大学津波工学研究室との共同研究についてお知らせがあります. - 津波工学研究室について - お知らせ - 津波発生イベント - 研究室メンバー - 研究プロジェクト - 津波数値解析 - 津波災害現地調査 - ミレニアム津波ハザード - 津波痕跡データベース - 津波デジタルライブラリ - 出版物(津波工学研究報告) - 講義情報 . 研究テーマに興味を持つ 新たなメンバー募集中!! 研究室訪問や研究内容に関する個別の相談は随時受け付けます.以下の電子メールアドレスに連絡を入れ,アポイントメントを取ってから訪問して下さい. 津波と波浪の違い. よくある質問で,「天気予報などで波高3-4mの波浪注意をよく聞く事があるし,波高50cmや1mの津波と言われてもその怖さがよくわからない」という事があります. たしかに波高50cmの波浪は海水浴には支障がない波高ですから「危ないから海岸に近寄るな! 橋本 商会 宮崎. 研究活動. 近年,災害に対してリスク学的アプローチによる分析並びに評価が盛んに行われるようになってきています.リスク学の分野は元来,1900年代初頭より米国の保険業界を通じて発展してきた分野であり,その歴史は100年程度しかありませんが,ここ10年程度の動向を振り返ると,リスク . 津波工学研究分野では,低頻度大規模災害(想定を超える)の評価のあり方,地域での安全レベルの合意,様々な科学技術を融合させること,継続的で効果的な対策・対応を地域に根付かせること(防災文化の涵養,啓発・教育の充実)などを重点的に取り組んでおります.過去の歴史地震津波 . 人の命を守るのは工学の重要な使命です。この研究室では、地震など自然災害から人や町、さらには文化を守るための研究をしています。 例えば、橋は私たちの生活を支える重要な社会基盤の一つです。もし壊れると物流が滞り、日常生活に大きな影響を . 罪 の 褥 も 濡れる 夜 動画. (国)港湾空港技術研究所 津波研究チーム 客員研究官 専門: 海岸工学 担当授業: 環境解析、海岸水理学、海岸港湾学 経歴: 1993年 4月 東京大学 理科類 卒業 1993年 4月 工学部 土木工学課 進学 1995年 4月 東京大学大学院工学系研究課社会基盤工学専攻入学 1997 .

もっと詳しく知る »

地震工学研究室 - ritsumei.ac.jp

人の命を守るのは工学の重要な使命です。この研究室では、地震など自然災害から人や町、さらには文化を守るための研究をしています。 例えば、橋は私たちの生活を支える重要な社会基盤の一つです。もし壊れると物流が滞り、日常生活に大きな影響を ... 川崎肇・伊津野和行:部分的フェアリングによる橋梁の対津波補強に関する研究,日本地震工学会論文集,Vol. 19,No. 5,pp. 5_184-5_191,2019年9月.(Web版論文集,英文化論文:Anti-tsunami measures for bridges using partial fairings and grating slabs) 本ソフトウエアは、以下に示す論文の方法にもとづいて作成されています。本ソフトウエアの利用により、研究結果を発表される場合は以下の論文のいずれかを参考文献として挙げてください。 本ソフトウエアは無保証です。

詳細を見る »

沿岸海洋工学研究室 | 九州大学工学部 大学院工学府 大学院工学研究院

沿岸海洋工学研究室では,海洋から沿岸域におよんで来る波などの自然力の作用原理を十分に究明し,人間の利用と便益のために活用する基礎技術を研究しています。 筑波大学 システム情報系 庄司研究室 ライフライン地震津波工学 ... ・2013/10/24,25第33回地震工学研究発表会で発表を行いました(高橋和,清水,中村,寺嶋,藤川). ・2013/9/4第68回土木学会年次講演会で発表を行いました(高橋和,築地,中村,寺嶋). 筑波大学 システム情報系 庄司研究室 ...

詳細を見る »

首藤伸夫 - Wikipedia

参照文献. 朝日新聞社ウェブサイト「デジタル版 日本人名大辞典+Plus 首藤伸夫」 東北大学災害科学国際研究所災害リスク研究部門津波工学研究室ウェブサイト「研究室メンバー」 日本学士院ウェブサイト「日本学士院賞の決定について」 関連項目. 首藤由紀 current topics: 杉戸真太先生最終講義のご報告; 地震防災情報,情報検索システム; 2011年東北地方太平沖地震:発生前後の国土地理院電子基準観測点の地盤変動

詳細を見る »

水圏防災工学研究室 | 細山田 得三、犬飼 直之、山本 浩

本研究室では水の動きや力に関する研究を行っています。河川工学分野においては洪水氾濫・河口密度流・河口砂州・河川流、海岸工学分野では津波・越波・離岸流・海浜流・遡上波などを取り扱っています。 防災水工学研究室(福谷陽研究室)は、関東学院大学理工学部土木学系で2017年4月からスタートした研究室です。主に海岸工学分野で取り扱われる津波や高潮の災害リスクの定量評価手法、および、不確実性評価手法・確率論的評価手法等の技術を、観測データ解析・数値計算・実験を通して ...

詳細を見る »

適応設計工学研究室 - Tohoku University Official ...

当研究室では,第三世代の性能設計法/性能評価法のあり方について検討し,これを促進する技術開発を進めています。 耐津波設計法の高度化. 東日本大震災を契機に津波避難ビルの耐津波設計ガイドライン化が進められました。建築物の建ち並ぶ陸域に ... 理工学部 都市システム工学科 教授 〒525-8577 滋賀県草津市野路東1-1-1; mail: izuno@se.ritsumei.ac.jp (@は半角に) 研究分野・研究テーマ. 工学/土木工学/構造工学・地震工学; 橋梁の津波対策に関する研究; 橋梁の耐震・免震・制震設計に関する研究; 資格等

詳細を見る »

筑波大学 システム情報系 庄司研究室 ライフライン地震津波工学

研究活動. 近年,災害に対してリスク学的アプローチによる分析並びに評価が盛んに行われるようになってきています.リスク学の分野は元来,1900年代初頭より米国の保険業界を通じて発展してきた分野であり,その歴史は100年程度しかありませんが,ここ10年程度の動向を振り返ると,リスク ... 2017.11 「平成29年度環境衛生工学研究室同窓会」 「村上仁士先生 防災功労者内閣総理大臣表彰受賞祝賀会」の写真をアップしました!同窓会案内時のパスワードを入力してご覧ください. 防災地盤工学研究室. 工学研究院 社会基盤部門 . 工学府 建設システム工学専攻. 工学部 地球環境工学科 建設都市工学コース. 日本やアジア諸国は自然災害が発生しやすい地域に位置し,毎年多くの人命・財産が被害を受けています。特に最近では想定外の自然災害が頻発しており,地域社会に ...

詳細を見る »

筑波大学 システム情報系 庄司研究室 ライフライン地震津波工学

準備中. 筑波大学 システム情報系 庄司研究室 ライフライン地震津波工学 耐震工学研究室 卒業論文 糸永 航 津波の流況に及ぼす橋梁断面の影響に関する研究 植野 友介 木材-石材間の摩擦に関する静的加力実験 江口 将生 講義棟における災害弱者を含む避難行動に関する研究 遠藤 学

詳細を見る »

中央大学 海岸・港湾研究室ホームページ

(国)港湾空港技術研究所 津波研究チーム 客員研究官 専門: 海岸工学 担当授業: 環境解析、海岸水理学、海岸港湾学 経歴: 1993年 4月 東京大学 理科類 卒業 1993年 4月 工学部 土木工学課 進学 1995年 4月 東京大学大学院工学系研究課社会基盤工学専攻入学 1997 ... センター組織 津波工学研究分野. 本研究分野は、将来に懸念されている津波災害に対して、影響・被害を予測し、それを低減さらには早い復旧・復興を図るための技術開発と普及を目指す。

詳細を見る »

筑波大学 システム情報系 庄司研究室 ライフライン地震津波工学

研究テーマに興味を持つ 新たなメンバー募集中!! 研究室訪問や研究内容に関する個別の相談は随時受け付けます.以下の電子メールアドレスに連絡を入れ,アポイントメントを取ってから訪問して下さい. そのため、本研究室では洪水や津波などの流体系と土(堆積物)系が複雑に関係した複合災害過程について、流体力学的アプローチと地形学的アプローチの連携のもとに環境と調和した減災の方策を考究しています。 最大300人収容可能な浮函型津波シェルターの開発(2013/01/10) 津波の衝撃を弱めるドーム型避難施設の開発(2012/12/11) 2011/07/01 当研究室のホームページをリニューアルしました。

詳細を見る »

DCRC 津波工学研究室 -Tsunami Engineering Laboratory,TOHOKU ...

Official site of DCRC(Tsunami Engineering Laboratory) of Graduate School of Engineering,TOHOKU University. 津波工学研究の第一人者が解明した巨大津波の真相と対策。(文=川端裕人/写真=藤谷清美) 第1回 津波研究者が見た“悪夢” 2012年2月20日. 第2回 実は“2つの津波”が重なっていた. 2012年2月21日. 第3回 これだけある“都市を襲う津波”の脅威. 2012年2月22日 本研究室では、断層近傍での強震動予測から人的被害発生のメカニズムの解明、さらには強震動と津波の複合作用にいたるまで、社会基盤に影響を及ぼすすべての要素について、相互の連関性を最大限に生かした効果的な地震防災対策を実現するための研究 ...

詳細を見る »

出版物 -津波工学研究室(東北大学大学院工学研究科)-

- 津波工学研究室について - お知らせ - 津波発生イベント - 研究室メンバー - 研究プロジェクト - 津波数値解析 - 津波災害現地調査 - ミレニアム津波ハザード - 津波痕跡データベース - 津波デジタルライブラリ - 出版物 (津波工学研究報告) - 講義情報 ... 自由でありつつ、やるべきことはきっちりやる、そんな研究室にしたいと思っています。 今一番力を入れて取り組んでいる研究をひとつ教えてください。 津波によって引き起こされる地形変化やその津波遡上過程への影響に関する研究を行っています ... このページは,2011年に作成した茨城大学工学部都市システム工学科「構造・地震工学研究室」のhpです.構造・地震工学研究室では,構造・地震・耐震・維持管理・補修・補強・数値シミュレーションをキーワードに研究を行っています.

詳細を見る »

関西大学 環境都市工学部 都市システム工学科 海岸工学研究室 | Coastal Engineering ...

環境防災水工学研究室(石垣研),京都大学防災研究所の森研(沿岸災害研究分野),平石研(沿岸土砂環境研究領域),五十嵐研(都市耐水研究領域)と合同で,卒論・修論の中間発表会を開催しました. ようこそ早稲田大学柴山研究室へ. 海岸・内湾をはじめとする沿岸地域や河川の開発・利用について,環境との共生を目指した設計や建設のあり方に関する教育研究を行っています.波浪,高潮,津波などの現象と被災のメカニズムを解明し災害を軽減させるため,また海洋環境での水の流れを ...

詳細を見る »

Yo Fukutani - 福谷陽 防災水工学研究室

防災水工学研究室(福谷陽研究室)は、関東学院大学理工学部土木学系で2017年4月からスタートした研究室です。主に海岸工学分野で取り扱われる津波や高潮の災害リスクの定量評価手法、および、不確実性評価手法・確率論的評価手法等の技術を、観測データ解析・数値計算・実験を通して ... 津波工学研究報告 東北大学工学部災害制御研究センター [編] 東北大学工学部災害制御研究センター, 1991- 8号 (平3.3)-

詳細を見る »

水工学研究室津波関連ページ(予測シミュレーション)

津波と波浪の違い. よくある質問で,「天気予報などで波高3-4mの波浪注意をよく聞く事があるし,波高50cmや1mの津波と言われてもその怖さがよくわからない」という事があります. たしかに波高50cmの波浪は海水浴には支障がない波高ですから「危ないから海岸に近寄るな! 研究室名: 所属教員: 概 要: 風工学研究室. 長尾教授. 風工学研究室では,橋梁等の構造物の耐風安定性に関する研究,風環境に対する局所地形の影響に関する研究,任意地点の風況予測手法の開発,数値風洞の開発などに取り組んでいます。 2011/10/19 地学国際研究チームによる津波被災地でアナワット研究員が案内しました.詳しくはこちら. 2011/10/18 アフリカ各国の防災担当行政官が津波工学研究室を訪問しました.詳しくはこちら.

詳細を見る »

東北大学 災害科学国際研究所 津波工学研究室

東北大学大学院工学研究科・災害制御研究センターより,2011年東北太平洋沖地震津波による建物被害地図が作成・公開されました.詳しくは こちら. 20 May 2011 Willis Research Networkと東北大学津波工学研究室との共同研究についてお知らせがあります. 本研究室では、こうした都市域での様々な災害事象に対する安全性・性能の評価と工学的な対策技術の確立を目的として、 構造物・流体あるいは両者が関わる複雑な連成力学現象の解析、実験的評価、都市基盤施設の設計や維持管理技術に関する研究を行っ ... 日本大学理工学部土木工学科の公式Webサイト。学科紹介・入試情報・進路情報などを掲載しています。創設90周年を超える輝かしい歴史と伝統を誇る本学科では多彩な研究に取り組んでおり、基礎技術から世界の最先端技術まであなたの夢に合わせて学べます。

詳細を見る »

津波工学研究室について -津波工学研究室(東北大学大学院工学研究科)-

津波工学研究室では、工学的な立場から津波を研究する世界で唯一の研究機関です。災害対策・制御の理念を基盤として、 国内外の現地調査研究、高精度津波数値予測システムの開発、地域の津波災害対策支援を主とした研究を行っています。 海岸および海域の防災・減災を目指し,主として海岸工学,海洋物理学,気象学をベースとして,沿岸防災に関する基礎から応用に渡る学際的な研究を行っています.自然災害の防災・減災は,日本だけではなく,世界共通の問題であり,得られた研究成果が世界各国で利用されるような普遍的 ... Laboratories 研究室. 社会基盤工学部門(組織)・社会基盤工学コース(教育)は2つの講座(社会基盤工学講座・社会システム学講座)と1つの協力講座で構成されており、 計8つの領域が属しています。

詳細を見る »

研究概要 - Tohoku University Official English Website

津波工学研究分野では,低頻度大規模災害(想定を超える)の評価のあり方,地域での安全レベルの合意,様々な科学技術を融合させること,継続的で効果的な対策・対応を地域に根付かせること(防災文化の涵養,啓発・教育の充実)などを重点的に取り組んでおります.過去の歴史地震津波 ... 沿岸海洋工学研究室では、海洋から沿岸域におよんで来る波などの自然力の作用原理を十分に究明し、人間の利用と便益のために活用する基礎技 術を研究しています。 ようこそ,横浜国立大学水環境研究室ホームページへ. 海岸・内湾をはじめとする沿岸地域や河川の開発・利用について,環境との共生を目指した設計や建設のあり方に関する教育研究を行っています.波浪,高潮,津波などの現象と被災のメカニズムを解明し災害を軽減させるため,また海洋 ...

詳細を見る »

講義情報 -津波工学研究室(東北大学大学院工学研究科)-

- 津波工学研究室について - お知らせ - 津波発生イベント - 研究室メンバー - 研究プロジェクト - 津波数値解析 - 津波災害現地調査 - ミレニアム津波ハザード - 津波痕跡データベース - 津波デジタルライブラリ - 出版物(津波工学研究報告) - 講義情報 ... 研究内容 海岸工学研究室では、人々が安全で安心に暮らせる、また自然と共存できる社会の構築を目指して研究を行っています。主な研究内容は(1)海洋レーダと数値シミュレーションを用いた津波減災技術の開発、(2)海辺の構造物の脅威である高波の規模やその長期的な変化に関する研究 ... 2017.11 「平成29年度環境衛生工学研究室同窓会」 「村上仁士先生 防災功労者内閣総理大臣表彰受賞祝賀会」の写真をアップしました!同窓会案内時のパスワードを入力してご覧ください. 2017.1 上月教授のFacebookページへのリンクをトップページに追加

詳細を見る »

筑波大学 システム情報系 庄司研究室 ライフライン地震津波工学

筑波大学 システム情報系 庄司研究室 ライフライン地震津波工学 〒305-8573 茨城県つくば市天王台1-1-1 | E-mail : gshoji@kz.tsukuba.ac.jp 「研究開発部門」には地震地域災害、津波工学、災害ポテンシャルの3研究分野があります。「研究成果普及部門」には、地域減災実践学と東北地区自然災害資料室の2研究分野があります。

詳細を見る »

地震工学研究室 - 立命館大学

2019年度の研究室メンバー 教授 伊津野 和行 地震工学・構造工学 立命館大学 研究者データベース参照 後期課程院生 福江 清久 複合構造物の耐震補強 前期課程院生 片岡 佑太 橋梁の津波対策 衣笠 亨 津波工学(つなみこうがく)は、津波を研究対象とする工学の一分野。 発生が懸念されている津波の影響を予測し、リスク評価や津波警報システムの提案等により被害の軽減や早期復興に向けた技術開発を目標とする 。 日本の東北大学大学院工学研究科の津波工学研究室が、世界で唯一 工学 ...

詳細を見る »