土 本 研究 室

今年も堀・藤本研究室は展示・デモを行います! 電気自動車(ev)のワイヤレス給電デモから,試乗のできるパワーアシスト車椅子,電気飛行機の実験機展示など本研究室で研究されている先端技術を一挙公開! 本研究室について . 研究概略; 本研究室を目指す方へ . 土屋・岡本研究室. 研究室紹介pdf公開中 ― 地圏構成物質と地殻エネルギー ― 現代ほど人類が「地球」を意識した時代はありません。 人類の活動により地球環境の破壊が顕在化するにつれて、人類と地球との調和ある共存を目指した . はがき 50 円 いつから. オープンラボにて研究室@D509を公開します。我々の日常を全部見せちゃうぞ。 さらに,来訪者には抽選で、土本研究室のA4オリジナルクリアファイルをプレゼントしちゃいます。 2019. 7.17 祝: 7月17日に,Adv. Synth. Catal. 本研究室について. No Soil, No Life. 空気と同じように、土壌にはあまり注意が払われません。しかし、土壌は農業や自然を支えている生態系の要であり、食料生産にも環境問題にも深くかかわっています。 サソリモドキは近年,日本各地から発見報告があり,東京や神戸などの住宅地でも見つかるなど分布を拡大させている可能性があります.そこで,本研究室では,その分布拡大(? 国立研究開発法人土木研究所は、土木技術に関する日本を代表する研究所です。 最近の研究室のページ更新 : Laboratory of Soil Science Faculty of Horticulture , Chiba University 648 Matsudo Chiba 271-8510 JAPAN ℡ 047-308-8816,8817,8818. 千葉大学のホームページはこちら サイト内のすべての文章・画像の著作権は千葉大学土壌学研究室にあります。無断で再利用・引用しないで下さい . 研究室忘年会を開催しました(12/14) 研究室旅行で伊勢にいきました(12/9) 付属農場にて白菜の収穫調査を行いました(12/7) 2019年11月. 日本土壌肥料学会中部支部第99回例会・中部土壌肥料研究会第109回例会が名古屋大学で開催され、加藤君が発表しました(11/27-28) 東工大 本倉・眞中研究室は物質理工学院 応用化学系 の所属です。研究室では、新しい「触媒 」「触媒作用」の創出と、それに基づく「環境調和型化学反応」の開発を目指しています。 東北大学大学院 工学研究科・工学部【杉本研究室】私たちの研究室では、磁性材料について、高機能化と新規材料開発の観点から研究を進めています。研究テーマは「永久磁石材料」「高周波磁性材料」「スピントロニクス」の3つに大きく分けられます。 土と水の研究室 本研究室では、地盤防災に関わる研究を行っています。 地盤の破壊現象のほとんどが、水によって生じます。斜面崩壊、液状化、河川堤防の破堤、いずれも水がなければ破壊はしません。

もっと詳しく知る »

土と動物 - Google Sites

サソリモドキは近年,日本各地から発見報告があり,東京や神戸などの住宅地でも見つかるなど分布を拡大させている可能性があります.そこで,本研究室では,その分布拡大(? 私たちは、土壌そのものを探求することを原点に、土壌の保全や持続的な利用、環境問題への貢献を目指して研究を行なっ ... FXプチ勉強会 上位足から今何圏なの?を知ろう - Duration: 15 minutes.

詳細を見る »

杉本研究室|東北大学大学院 工学研究科 マテリアル・開発系 知能デバイス材料学専攻

東北大学大学院 工学研究科・工学部【杉本研究室】私たちの研究室では、磁性材料について、高機能化と新規材料開発の観点から研究を進めています。研究テーマは「永久磁石材料」「高周波磁性材料」「スピントロニクス」の3つに大きく分けられます。 そこで本研究室では、固有異方性を有する液状化地盤を対象に、遠心力載荷装置を用いた模型振動実験を行うことで、その影響の解明を試みている。また、固有異方性を数値解析においても考慮できるよう構成モデルを改良し、室内試験や模型実験に対する ... 内本 喜晴: 所属: 人間・環境学研究科 人間・環境学研究科棟301号室(吉田南構内マップ89) Mail: uchimoto.yoshiharu.2n@〔※1〕

詳細を見る »

Tsuchiya & Okamoto Lab. – -GeoMaterial and Energy Science-

本研究室について . 研究概略; 本研究室を目指す方へ ... 土屋・岡本研究室. 研究室紹介pdf公開中 ― 地圏構成物質と地殻エネルギー ― 現代ほど人類が「地球」を意識した時代はありません。 人類の活動により地球環境の破壊が顕在化するにつれて、人類と地球との調和ある共存を目指した ... 千葉大学大学院理学研究院生物学研究部門・植物進化ゲノミクス研究室(土松研究室)は、2016年1月から始まった新しい研究グループです。私達のミッションは、生物にみられる巧みな仕組みや形がどのように進化してきたのかを、ゲノムから生態学まで多様な視点から明らかにすることです ... また、今回は本研究室関係者の自由研究発表も行われました。 ・大竹 晋吾 (福岡教育大学・本研究室のob)「若年層教員のキャリア形成に関する事例分析-教師の憧憬と教職志望の希薄化に着目して-」

詳細を見る »

土環境学研究グループ | 大阪府立大学 生命環境科学域 緑地環境科学類

土は、人間の営みを支える最も重要な基盤です。本研究グループでは、自然と調和した地域環境の創造を目指して、土あるいは地盤の持つ可能性を工学的手法によって追究しています。豊かで快適な生活の実現を目的とする都市開発や農業農村整備においては 本研究室では,多相混合体理論に基づいた浸透-変形連成解析による,土と水および空気の相互作用を考慮した変形予測手法の確立を目指しています.具体的には,河川堤防や盛土斜面の降雨時,水位上昇時の変形・浸透のシミュレーションなどに取り組んで ...

詳細を見る »

Blog – 塚本・寺田研究室

お知らせです! 2017年に本研究室で学位を取得した土田修平さんが、12月から神戸大学大学院工学研究科の特命助教に着任しました! したがって、塚本・寺田研究室は塚本教授、寺田教授、大西助教、土田助教の教授2名、助教2名という教員体制になります ... 4月20日(土)本研究科合同c棟青葉サイエンスホールにて、次世代火山研究者育成プログラム 2019年度受講生認定式が開催されました。本プログラムは2014年に発生した御嶽山噴火災害を受けて構想されたもので、東北大や北海道大、山形大、東京大など16大学 ...

詳細を見る »

千葉大学 土壌学研究室

最近の研究室のページ更新 : Laboratory of Soil Science Faculty of Horticulture , Chiba University 648 Matsudo Chiba 271-8510 JAPAN ℡ 047-308-8816,8817,8818. 千葉大学のホームページはこちら サイト内のすべての文章・画像の著作権は千葉大学土壌学研究室にあります。無断で再利用・引用しないで下さい ... 摩擦特性と変形追随性を有する複合固化処理土の開発. 本研究では、無害化処理した廃棄物を活用した環境共生型の軟弱地盤改良技術の開発を目的として、以下の研究に取り組んでいます。 学科同窓会(法土会)の活動 本学科およびその前身である工学部土木工学科の卒業生を対象として、通称「法土会」と呼ばれる学科同窓会が組織・運営されています。

詳細を見る »

京都大学 農学研究科 土壌学分野/地球環境学堂 陸域生態系管理論分野

本研究室について. No Soil, No Life. 空気と同じように、土壌にはあまり注意が払われません。しかし、土壌は農業や自然を支えている生態系の要であり、食料生産にも環境問題にも深くかかわっています。 また本研究室 は ... 2018年3月3日(土) 2017年4月メンバーページ更新 . サイトメニュー. 橋本教授からのメッセージ 本研究室のディレクター,橋本周司教授からのメッセージです. 研究プロジェクト紹介 現在、研究室で行なわれている研究を,各グループごとにまとめて紹介します. 発表論文 論文 ... にて 本研究室4回生の真下遼さんの研究である漫才ロボットが紹介されました! 2015.11.24 2013年11月19日のフジテレビ めざましテレビにて 本研究室4回生の真下遼さんの研究である漫才ロボットが紹介されました!

詳細を見る »

国立研究開発法人 土木研究所 -PWRI-

国立研究開発法人土木研究所は、土木技術に関する日本を代表する研究所です。 鎌土 重晴 先生. 気さくで、優しい先生です。学生部屋に居るときや飲み会では、学生と談笑します。研究内容・結果に対しては妥協せず、厳しい指摘を受けることもありますが、壁にぶつかったときには、親身になって相談を受けてくれます。 長岡技術科学大学には、マグネシウム合金の実用化を強く推進するために設立された高性能マグネシウム工学研究センターがあります。本研究室では、高性能マグネシウム工学研究センター設置の装置を使い、溶解・鋳造や展伸加工などの“モノづくり”は ...

詳細を見る »

UTokyo Hori-Fujimoto Lab

今年も堀・藤本研究室は展示・デモを行います! 電気自動車(ev)のワイヤレス給電デモから,試乗のできるパワーアシスト車椅子,電気飛行機の実験機展示など本研究室で研究されている先端技術を一挙公開! 本研究室では,農業と農村の持続的発展,ならびに環境と調和した農村空間の形成に資するべく,「農地・水資源の適正な利用・管理」,「地域環境保全のための学理と技術」に関する研究を,農業水利学や農村計画学,環境情報学等の観点から総合的に考究しています。我々のめざすものは ... 地盤中の浸透挙動観測および砂質土凍土壁の遮水性に関する研究 本研究では、地盤内の浸透挙動を観測可能な模型試験装置を使って、浸透流が存在する地盤の力学特性を解明することを目的とした一連の研究を進めています。

詳細を見る »

基礎・土構造研究室 | 研究開発 | 公益財団法人 鉄道総合技術研究所

基礎・土構造研究室は、土もしくは土と接する構造物の調査、設計、施工、維持管理、技術開発を担当しています。また、これらの分野に関する技術基準整備、受託・コンサルティング事業の推進を図っています。担当する技術分野は、①土構造、②基礎の2 ... 私たち瀬戸本淳建築研究室は、現代の建築が直面している愛の環境づくりに、広範かつ柔軟に対応できる技術者集団として、感動し共感する心豊かな感性をもってのぞみます。

詳細を見る »

明治大学 理工学部 応用化学科 精密有機反応制御研究室

オープンラボにて研究室@D509を公開します。我々の日常を全部見せちゃうぞ。 さらに,来訪者には抽選で、土本研究室のA4オリジナルクリアファイルをプレゼントしちゃいます。 2019. 7.17 祝: 7月17日に,Adv. Synth. Catal. 教育・研究活動. 地盤工学は,建物や施設を建設するために必要不可欠な分野であり「土」を取り扱います.研究室活動では,卒業研究等を通して基礎である土質力学は勿論,地盤改良や環境問題,災害対策など実務で必要とされる知識や技術のエッセンスを少しでも多く習得して実社会に出れるよう ... 本研究室では蒸着・スパッタリング、電気化学法による無機物表面の構築、表面重合、スピンコーティングな どを用いた高分子薄膜、自己組織化単分子膜(Self-Assembled Monolayer)、脂質2重膜を用いた単分子膜な ど、金属・半導体などの無機物から有機物表面まで様々な表面構築・物性制御を行い ...

詳細を見る »

土壌保全学研究室 – 北海道大学 農学部/大学院農学院/大学院農学研究院

土壌保全学研究室では,その基礎となる教育研究を行うため,土壌を物理学的視点から科学するとともに,健全な物質循環と自然農法の研究,作物生育に良好な土壌環境の保全整備に関する研究や,土壌・水環境対策に関する研究をしています。 研究室からのお知らせ 2018年度 2019.04.17 si2018優秀講演賞受賞. 田村和樹くん(m1)が、2月13日~15日にかけて開催されたsi2018(第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会)において優秀講演賞を受賞しました。

詳細を見る »

東京農工大学 土壌 環境 有害元素 生態系

地盤工学会で研究発表をしました (7/12-14) 名古屋で開催された地盤工学会に、研究室としては初めて参加して研究発表をしました。自然由来汚染土に関する環境省受託の研究内容で、板橋が発表しました(優秀発表賞を受賞)。当研究室のobの勤務先の ... 土の力学特性グループ. 居 室 : 機械建設2号棟1階 153,169号室. 内 線 : 6314; 博士課程3年 . 三上 和久 (社会人特別選抜,東洋大学,本研究室研究生出身) 博士課程2年 . le ngoc bao (ホーチミン市交通運輸大学,9月入学) 修士課程2年 . 早川 飛翼 (長岡高専出身)

詳細を見る »

motokura.org - 東京工業大学 本倉・眞中研究室

東工大 本倉・眞中研究室は物質理工学院 応用化学系 の所属です。研究室では、新しい「触媒 」「触媒作用」の創出と、それに基づく「環境調和型化学反応」の開発を目指しています。 2012/08/01 オープンキャンパス研究室公開 第2弾 みなさまのご来場お待ちしてます! 2012年8月4・5日(土・日)10時~16時 研究室紹介はこちら (348kb) 2012/07/31 芝浦工業大学(佐々木毅先生)との共同研究が、2012年7月19日付け日経産業 ゲノム生態学的研究 環境負荷を低減し、炭素隔離や土壌生態系の 多様化を促進する環境保全型農業が注目され ています。 本研究では、環境保全型農地の土壌機能や土 壌微生物の解明を目的としています。 福岡県石造文化財 環境土壌・肥料学研究室

詳細を見る »

東京工業大学土質研究室

2020.01.24. 2030年 土質室研究室 新年会を開催いたしました 2019.11.28-11 m1高山慎一郎とD3李楊さんがgeotec hanoi 2019 @ハノイに参加. 橋本研究室元助手(現在の助教に相当)の王紹栄先生(現Shanghai Institute of Ceramicsの教授に相当するポストでご活躍されています)が研究室にいらっしゃって、 研究紹介及び懇親会を行いました。最後にみんなで記念写真を撮りました。 ・2012/1/28(土)

詳細を見る »

杉井研究室 中部大学

土と水の研究室 本研究室では、地盤防災に関わる研究を行っています。 地盤の破壊現象のほとんどが、水によって生じます。斜面崩壊、液状化、河川堤防の破堤、いずれも水がなければ破壊はしません。 2018.06.09. 宇宙物理学実験研究室主催のピザパーティ 6月9(土)に本研究室主催のピザパーティが開催されました。天候が怪しかったため、今年もbbqではなくピザパーティ開催の運びとなりました。 当日は、外部で親交のある皆様、並びに本研究室obogの方々にお ...

詳細を見る »

土壌生物化学研究室 - 名古屋大学

研究室忘年会を開催しました(12/14) 研究室旅行で伊勢にいきました(12/9) 付属農場にて白菜の収穫調査を行いました(12/7) 2019年11月. 日本土壌肥料学会中部支部第99回例会・中部土壌肥料研究会第109回例会が名古屋大学で開催され、加藤君が発表しました(11/27-28) Amazonで洋輔のNHKすてきにハンドメイド 洋輔の刺繡研究室。アマゾンならポイント還元本が多数。洋輔作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またNHKすてきにハンドメイド 洋輔の刺繡研究室もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 2017/04/01: 2017年度新学期が始まりました.当研究室には,昨年度より所属している博士1年の石和田尚弘君,修士2年の荒瀬秀太君,奥谷亮介君,田中郁也君,藤井絵里さん,松田昌祥君,修士1年の岩崎優基君,金子和樹君,金子敏輝君,関口慧君,瀧川晃太郎君,秘書の友田裕子さん,留学生の ...

詳細を見る »

土信田研究室/DOSHIDA Lab.

研究興味は,電子機能材料・物性・要素技術・応用に渡り, 専門は、圧電セラミックスとその応用になります. 本研究室では,電子セラミックスの研究を通して,社会に貢献するとともに 次世代を担う技術者の育成を役割としています. 経歴・論文 当研究室では、地盤材料や土構造物の性能評価、地盤材料の利用の高度化に関する研究を行っています。安価で再利用が可能という利点がある地盤材料ですが、とりわけ土構造物の構築にあたっては、気候変動に伴う想定外力の変化、人口減少社会における維持管理の省力化などの課題に対応 ...

詳細を見る »

土壌学研究室 | 琉球大学 農学部

沖縄では赤土流出による海洋汚染を防止するために様々な対応策が講じられてます。本研究室では、化学肥料などを土壌へ施用することにより、赤土が流出しやすくなる可能性があることを明らかにしたため、その対応策を模索しています。 2004年度 小浦・井手本研究室アルバム 【2005/03/19】祝!平成16年度学位記・修了証書授与式 2005年3月19日(土)、平成16年度学位記・修了証書授与式が日本武道館にて開催されました。

詳細を見る »

土の霊力と土地の神―土をめぐる信仰の民俗誌― - 関西学院大学 現代民俗学 島村恭則研究室

土の霊力と土地の神―土をめぐる信仰の民俗誌― 山根琴代 【要旨】 本研究は、土に関する信仰について事例を集め、それらを「土の霊力に対する信仰」と「土地を守護する神への信仰」の2つに分類したものである。 本研究室の辻孝が、次世代再生医療について講演いたします。 2019年10月26日(土) みんなの再生医療の実現に向けて~歯や毛髪再生のイノベーション; 公益財団法人日立財団hp. 2019.7月 【学術講演】

詳細を見る »